FUTAWAのメンテナンスサービスは、
他社で設置した機器もメンテナンスいたします。

太陽光発電システムや蓄電池、オール電化のための設備なども機械ですので、定期的な点検や必要に応じたメンテナンスが大切です。

特に太陽光パネルは、一年中過酷な状況に晒されているため、放置しておくと汚れによる発電量の低下や、雨水の侵入によるパワーコンディショナーの漏電などのリスクが高まります。さらに場合によっては架台の腐食が影響して雨漏りなどが発生し、住宅の寿命に深刻な被害を与えていることもありますので、定期的なメンテナンスが重要になります。

最近では、太陽光発電システムを設置したときの業者さんがなくなってしまったなどの理由で、メンテナンスできずにいるお客様も増えています。そのようなお客様からのご要望にお応えして、他社で設置された機器でも当社同様のメンテナンスをご提供する『FUTAWAのメンテナンスサービス』をご提供しています。

FUTAWAのメンテナンスサービスでは、定期的に皆さまのお宅をご訪問して巡回点検を行なっています。適切にメンテナンスし、長い間安心して快適にご使用いただけることが何より大切だと考えています。

お申込みまでの流れ

お申込までの流れ

点検の内容

太陽光発電システムの場合

太陽光パネルの清掃

太陽光パネルの清掃

当初は、雨水で汚れや落ち葉などは自然に流れると言われていたのですが、実際には車の排気ガスなどの油分によってパネル表面に付着してしまい、発電効率が落ちてしまうことがわかってきました。

しっかりとパネル表面の汚れを落として発電効率の復活を図ります。
 
パネル固定状態の確認

パネル固定状態の確認

太陽光パネルの固定状態を確認します。パネルを固定しているビスが緩んでいないか、架台が腐食していないかなどを確認します。

もしも、ビスが緩んでいたら、その場で増し締めして直します。
 
 
サーモグラフィーでパネル表面を検査

サーモグラフィーでパネル表面を検査

サーモグラフィーで太陽光パネルの表面温度をチェックし、ホットスポットなどの異常な箇所がないか調査します。

ホットスポットとは、他の部分との温度が熱い箇所などのことを言います。その形状や場所からバイパスダイオードの欠陥、内部の短絡、電池の不整合など様々な欠陥の存在を知ることができます。
解放電圧(I-Vカーブ特性)の測定

解放電圧(I-Vカーブ特性)の測定

太陽光パネルの解放電圧を測定します。系統ごとにI-Vカーブ特性を確認し、異常を察知します。
 
屋根裏の状態確認

屋根裏の状態確認

屋根裏を目視点検します。特に住宅に深刻な損傷を与える恐れのある雨漏りの跡がないかなどを入念にチェックします。
屋内配線設備の確認

屋内配線設備の確認

屋内の配電盤の確認や、パワーコンディショナーの自立運転を行ない点検します。
 
太陽光モニターの確認

太陽光モニターの確認

太陽光モニターを確認し、動作チェックを行います。

そのほかの設備の場合

設置状況の確認

設置状況の確認

重量のある蓄電池は、安全のためにも、きちんと固定されている必要があります。

地震や地盤の影響で傾きがないかなど、設置状況を確認します。
機器の点検

機器の点検

スイッチ類が正常に動作するか、ちゃんと出力がされているかなどを確認します。

きちんと温まることはもちろん、安全装置もしっかり働くかどうかを確認します。
 
 
配管の確認(エコキュート)

配管の確認(エコキュート)

エコキュートのタンクの配管で水漏れや腐食がないかを確認します。
リモコンの点検

リモコンの点検

屋内の操作リモコンが正常に動作するかを確認します。